たくま’sBlog

遠い懐かしさを感じさせる、得がたいもの、失われたものなどに対して、心惹かれ、思いを馳せ、憧れや恋しさを抱くことなどを書き綴るブログにしたいと思います。

チューリップ

f:id:momoumetaku:20210415011914j:plain

チューリップ

  毎年、同じ場所に同じ色同じ形。

これは自生したのではない。

砂を庭に入れた時一緒に球根も入っていて運ばれた。

だから、彼らは与えられた環境に順応していかねばならない。

 

  彼らにとってこの場所が適しているのかどうか。

負の運命をもって生きねばならない、としたらこんな辛いことはない。

生きていく価値があるのかどうか。

 

  障碍の意味、障碍に対する態度。

      与えられたものは、specility

      克服すれば、perisonality

 

  だいぶ前、高速道路で自損事故を起こしたことがある。

片側2車線の左寄りを時速40キロで走行中(速度制限が出ていたため)、スリップして追い越し車線へUターンして中央分離帯のワイヤーフェンスに衝突し、左ヘッドライトをめちゃくちゃにしてしまったが、けがをしなかった。後方から車が来ていたらと思うとぞっとした。

  この時思ったのは、親父が死なせなかったのだと。

 

  何故、障碍を負わねばならなかったのか、何故、事故死しなかったのか。

捨てられたり拾われたりして?

必然?偶然?

神というものが私を弄んでいる?

信仰って?

 

  

 

故郷の桜

  故郷のこの桜は、大正天皇ご即位と治水工事(日本海へ河川水を直接流す分水工事)完成を祝って、そして工事の犠牲者の慰霊のため、長堤十里に数千本ものたくさんの桜が植樹された。

  しかし昭和41年と42年、連続の大洪水により、川幅の拡張工事のためすべて伐採された。その後、昭和60年ごろから桜の復興と保存がなされ今に至っている。

 

  あるのが普通と思っていたら突然なくなる、というのはこの桜にまつわる思い出もまた一緒に消えてなくなったという寂しさはあった。

  

f:id:momoumetaku:20210406174010j:plain
f:id:momoumetaku:20210406173922j:plain
さくら

 

f:id:momoumetaku:20210406214700j:plain

故郷のさくら

 赤みが強くなく白っぽくない。

朽ちてまで花をつけずに、一瞬にしてあっという間に散る。

花が散れば、根元に肥やしを与える。

葉が生い茂れば、毛虫がわく。

とても面倒な奴だけれど、あんまり花が綺麗だから、ついつい騙される。

 

むかし父母三人で桜を見に行った。父の肩車にのせてもらいながら見た夜。

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=G-La9vNot9g(立体駐車場あるある)

 

🎻と 🎹が鳴りっぱなし・・・

Have You Never Been Mellow?

f:id:momoumetaku:20210403002242j:plain

(はごろも)ジャスミン(ホームセンターにて)

匂いにつられたって手を出さない。育てられない。( ノД`)シクシク…

 

岡山総社IC通過、米子自動車道を北へ

中国山地に暮れなずむ夕陽、行きなずむことはない高速道

もちろんぼくがドライブしたわけではない。下の動画を推量した・・・(つω`*)テヘ

  春らしい曲、しかしうまいこと作るもんだわ。。。 動体視力 Yoo hoo!!!

www.youtube.com

 

There was a time
When I was in a hurry as you are
I was like you
There was a day
When I just had to tell my point of view
I was like you


焦ったり
何かにつけて言わずにはいられないってとき
あったよぼくにも

Now I don't mean to make you frown
No, I just want you to slow down


きみをしかめっ面にさせようなんて
つゆほども思ってないし
ただもっとゆっくりしてもらいたいだけなんだ

Have you never been mellow?
Have you never tried
To find a comfort from inside you?


優しい気持ちになったことある?
リラックスしようって思ったことは?

Have you never been happy
Just to hear your song?
Have you never let someone else be strong?


歌うことの充実感とか
だれかを励まそうとかは?


Running around as you do
With your head up in the clouds
I was like you
Never had time to lay back
Kick your shoes off, close your eyes
I was like you


心をどこかに忘れて
やみくもに駆けずり回って
靴を脱ぎすてゆっくりして目を閉じる時間さえない
それぼくにも経験あるんだよ


Now you're not hard to understand
You need someone to take your hand, hey


だからね
いまのきみを理解できないことはない
きみの手を取ってくれる誰かがいるんだ


Have you never been mellow?
Have you never tried
To find a comfort from inside you?


優しい気持ちになろうか?
心の中にやすらぎを見つけようよ


Have you never been happy
Just to hear your song?
Have you never let someone else be strong?


歌って自分がハッピーになって
それで誰かを励ましてあげようよ

 

 

  電車、バスも高速も、船や飛行機だって子供料金、だけど行けない、コロナでなくとも。こういう制度に恵まれているけれど、肝心かなめの体がそれを許さない。

  思い切って今度”一人ドライブ”しよう。寂しいなんて思わない、人目が気にならず気が楽だ。

 

 

 

Desperate

f:id:momoumetaku:20210402014342j:plain

                                                       つりがね水仙

 

 

     蟇(ひき)出づるあとさきのこと考へず(渡辺紀子:「銀の櫂」)

 

 春になり、冬眠明けのひきがえるが穴から出てきた。

鳥に狙われる、道に出たなら車に踏まれる、そんなことは考えもせずに。

 しかしそれを案じていては彼に春は来ない。

 

 ”Desperate”  → 自暴自棄、捨て鉢という意味か?

  この歌は、そうなのか?

メロディーがそうなのか?

歌詞は読んでいない。

 

 できることなら、この曲の歌詞と無関係に、自分のささやかな経験を吐露して、それを詩でもなんでもいいが整理したい。

 

www.youtube.com

 

 「ヤケになるなよ。

  不安、心配でしょうがないとき、とりあえずやってみる。
案外やさしかったりすることがある。

  だめもとでもやってみる。
うまくゆくこともある。」

と自分に言い聞かせる。

 

Pat Metheny & Mika Agematsu and more ^^) _旦~~

Always And Forever


Pat Metheny and Toots Thielemans - Always And Forever 1992.wmv

 

Don't Forget


Pat Metheny - Don't Forget 1996.wmv

 

Travels


Pat Metheny - Travels

 

Rainy Days And Mondays


Pat Metheny - Rainy Days And Mondays

 

Talkin' to myself and feelin' old
Sometimes I'd like to quit
Nothing ever seems to fit
Hangin' around
Nothing to do but frown
Rainy Days and Mondays always get me down.


誰かにつぶやくわけじゃない
ただ孤独な
まるで老人のようなボク
時々そこから抜け出したくなる
いつもしっくりこなくて
ぶらぶらとあてもなく人にまとわりついては
人の嫌なところが気に障る
雨の日と月曜はいつもボクを憂鬱にする


What I've got they used to call the blues
Nothin' is really wrong
Feelin' like I don't belong
Walkin' around
Some kind of lonely clown
Rainy Days and Mondays always get me down.


ボクがもらったもの
それは彼らが”ブルース”と呼んだもの
それはなにも間違ってはいない
けれどボクはキミたちとは違っている
ひとりたったひとりで歩き回っている
漠然たる孤独な道化師か何かのように
雨の日と月曜はいつもボクを憂鬱にする


Funny but it seems I always wind up here with you
Nice to know somebody loves me


滑稽なことに結局いつも
君と一緒に過ごす羽目になる
うれしいよ誰かがボクを愛してくれるって


Funny but it seems that it's the only thing to do
Run and find the one who loves me.


変だけどこれが唯一の方法らしい
ボクを愛する人を探しに行くことが


What I feel has come and gone before
No need to talk it out
We know what it's all about
Hangin' around
Nothing to do but frown
Rainy Days and Mondays always get me down.


ボクが感じることは、
ボクの目の前を行き交う、
打ち解けて話し合う必要のない
そういう人たちがほとんどだということ
ぶらぶらとあてもなく
人の嫌なところが気に障る
雨の日と月曜は、いつもボクを憂鬱にする


Writer(s): Paul H. Williams, Roger S. Nichols

 

Tesorito


Tesorito テソリート - AGEMATSU MIKA 上松美香 (Arpa cover)

 きみの”テソリート”は?  orz nothing at all !!!

 

望郷


Bokyo (From "Long Journey to Japan")   Daichi Wo Motomete(大地を求めて?

二胡もまたストリングスなので気にしないというか、ではヴァイオリンではどうなんだ?

シューマン―ピアノ協奏曲イ短調作品54

f:id:momoumetaku:20201217005643j:plain

カランコエー咲きだした。

 

ロベルト・シューマンーピアノ協奏曲イ短調作品54


Martha Argerich plays Schumann's Piano Concerto in A minor (cond. Pappano) - Rome, 19 Nov 2012

 

 

 

 

 

  或る時、大阪行きの急行の食堂車で、遅い晩飯を食べていた。四人掛けのテーブルに、私は一人で座っていたが、やがて、前の空席に、六十恰好の、上品な老人夫婦が腰をおろした。

  細君の方は、小脇に何かを抱えてはいってきて私の向かいの席に着いたのだが、袖の蔭から現れたのは、横抱きにされた、おやと思うほど大きな人形であった。人形の顔の方は、もうすっかり垢染みテラテラしていた。目元もどんよりと濁り、唇の色も褪せていた。何かの拍子に、人形は帽子を落とし、これも薄汚くなった丸坊主を出した。

   細君がめくばせすると、夫は、床から帽子を拾い上げ、わたしの目が合うと、ちょっと会釈して、車窓の釘にかけたが、それは、子供連れで失礼とでも言いたげなこなしであった。                 小林秀雄「人形」より

  おそらくこのお母さんは正気だと思う。深い深い悲しみに順応するためそうするほかなかったのだ。そして周囲の浅はかな好奇心など問題にならないのだ。

  この人形は一人息子、戦争で死んだ。

 

 ぼくは、人に迷惑をかけない「狂気」に逃げ込みたい。

どんなに楽か。

  人を信じることができない。

世界中敵と思う日が続き、春の月を拝めないでいる。

偏見だとか差別だとか、もうそれらを感じれなくなった。慣れてしまって他人の目が気にならなくなった。

正気と狂気の境目にいるかまたは狂気の域にはいっているかもしれない。

  ただ、いま思うことは母への孝行。

 

 

 

 

窓辺のさくらー3月24日満開(彼岸桜)

f:id:momoumetaku:20210325010045j:plain

さくら    朝、窓を開けると桜の匂いが風に流れて香る。

 

 そういえば、このさくら隣家が引っ越すことになり、2,3年の幼木をいただいてわが家に植栽したものだ。

かれこれ30年経つので歳は33才ということになる。

  無常な人間常住の自然、わたしがいなくなっても咲き続けるだろう。

彼女は私のことを一番知っている。

 

 

 


Maria (By the Sea)

 

She stands there alone now
She stands there alone now
Her voice cries out to the sea
And she was dreaming out loud


あの人はひとりでそこに立っている
海に向かって叫び
そして愛を夢見て


I watched her hold her arms out wide
She seems to draw my pain inside
And as she turns I can see
The dream is me


腕を大きくひろげ
ぼくの苦しみを呼び込むかのように
あの人が振り向いたときわかった
あの人の夢、それはぼく


My fate all I can be
I celebrate and I will not fallI have all
I need to succeed my emotions freed so


ぼくはなんにでもなれる運命
決して失敗することはない
想いを解き放つのに必要なものはすべて手にしている


Now look at me
No more hate I will prevail
Here by the sea
There's just me and my fantasy


さあ、ぼくをみて
何も隠したりしない
ぼくは、きっと勝つ
この海辺にあるのはぼくと僕の夢だけ


You're soon pulled in
Her soul creeps under you skinI feel she's so close now
But still somehow out of reach
I want to learn every lessonShe can teach


きみはすぐ虜になる
あの人の歌はこの肌の下に忍び込む
これほどあの人を身近に感じたことはない
でもまだ、手が届かない
あの人が教えてくれるあらゆることを学びたい


That's when she sang to me and said
Give all your pain to me inside
And as she turned I could see
A dream was meMy fate I must believeIt's not late
I will not cryI've all I need to succeedMy emotions free so


それは、あの人がぼくに唄ってくれた時のこと
きみの苦しみのすべてをぼくにくださいと
あの人が振り向いたときに知った
あの人の夢がぼくだったことを
自分の運命を信じなくては
少しも遅くはない、決して泣いたりしない必要なものはすべて手にしている
想いを解き放つのに


Now look at meI will not forget this night
Here by the sea
There's just me and my fantasy
And now she's with meShe's with me
With me


さあ、ぼくを見て今夜のことは忘れない
この海辺にあるのはぼくとぼくの夢だけ
あの人がぼくとともにいる
ぼくとともに
ぼくとともに

 

 from:Borodin - Prince Igor


Stranger In Paradise

 

 


♥ "A Whiter Shade of Pale" ♫ instrumental

 

(インストでも知ってる人は歌え  as Karaoke)

 

We skipped the light fandango
turned cartwheels 'cross the floor
I was feeling kinda seasick
but the crowd called out for more
The room was humming harder
as the ceiling flew away
When we called out for another drink
the waiter brought a tray


軽快なファンタンゴを跳ね踊り
側転しながら床を突っきって
船酔い気分だったのに
連中に煽られて
部屋はいっそうざわついた
屋根が吹っ飛ぶかと思うくらいに
ウエイターに酒を大声で頼んだら
トレイごと運んできた


And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale


あのミラーが橋を語り始めたのは
そのあとのことだった
青白かった彼女の顔は
その瞬間一段と青ざめていった


She said, 'There is no reason
and the truth is plain to see.'
But I wandered through my playing cards
and would not let her be
one of sixteen vestal virgins
who were leaving for the coast
and although my eyes were open
they might have just as well've been closed


理屈などじゃないと彼女は言った
真実は明快 たったひとつ
しかしぼくはトランプをいじりながら心に誓った
沿岸へと向かう、女神ヴェスタに仕えた彼女
16人の中の一人に
彼女を絶対にさせまいと
事情をすべて把握していたが
知らないでいたほうが良かったのかもしれない


And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale


あのミラーが話を語り始めたのは
そのあとのことだった
青白かった彼女の顔は
その瞬間一段と青ざめていった


(She said, 'I'm home on shore leave,'
though in truth we were at sea
so I took her by the looking glass
and forced her to agree
saying, 'You must be the mermaid
who took Neptune for a ride.'
But she smiled at me so sadly
that my anger straightway died
If music be the food of love
then laughter is its queen
and likewise if behind is in front
then dirt in truth is clean
My mouth by then like cardboard
seemed to slip straight through my head
So we crash-dived straightway quickly
and attacked the ocean bed)

Writer(s): Gary Brooker, Matthew Fisher, Keith Reid

 

 

ヒマなので動画字幕、訳してみたーーー!

 

Saturday-September3,2011
Fog was still thick at 10:00 in the morning.

Driving northbound on Skyline Boulevard(Highway-35) from Daly City to San Francisco.
This cross-street is Westridge Avenue.

Both sides of this sector of Skyline Boulevard are golf courses,
To our right the entrance of Olympic Club,a prestigious venue of several U.S Open, as well as USGA tounaments.
The 2012 U.S. Open is scedulde to the played here.

To our left is Fort Funston.
Details of that is in my previously uploaded video.
("Tell her” - Every girls Must Be Told by Percy Faith)

To our right is Lake Merced and coming up is the Harding Park Golf Course entrance.
This is a world class public golf cource owned by the City of San Francisco.
The 2009 President's Cup Golf Tounament was held here.

The course around Lake Merced is about 4.5miles and many people do their exercise there.

 

2011.9月3日土曜
朝の10時、霧はまだ濃かった。

ディリー シティーからサン フランシスコへ-スカイライン大通り(ハイウエイ35)を北へ向い、車を走らせる。
この通りは、ウエストリッジ

スカイライン大通りのこの地域の両側は、ゴルフコース
右にオリンピック・クラブの入り口

何回か開催されたU.Sオープンで有名なUSGAトーナメントの会場

2012年の全米オープンはここで開催が予定されている。

左は、フォート ファンストン
その詳細は、以前アップロードされた私のビデオの中にある。
(”Tell Her"(Every girls Must Be Told )ー https://youtu.be/fL5IhmHIrRs)

右にマルセド湖があり、やって来たのはハイディング パーク ゴルフコースの入り口
ここは、サン フランシスコ市所有の世界的な市民ゴルフコース
2009年、大統領カップ・ゴルフトーナメントが開かれた。

マルセド湖周辺のコースは4.5マイルで、多くの人が運動をしている。

 

(あってんのかいな?)

 

高校卒業してすぐ免許っとった。

車が好きというよりか運転が好きだ。

自由に遠くへ遠くへと飛んでいきたい。。。

一人旅行、それも気ままなドライブ旅行が最高。